TOPへ戻る
インフォメーション
作品紹介
各話ストーリー
キャスト・スタッフ
キャラクター
グッズ(原作・DVD)
スペシャル
リンク

ゼロの使い魔 WEBラジオ
異世界ハルケギニアに「使い魔」として召喚されてしまった高校生・平賀才人(サイト)が巻き込まれる「恋」と「冒険」、「ご主人様」と「使い魔」のアンビバレントでハイブリットなファンタジーロマン。才人を異世界に召喚したのは、可愛いけれど魔法の才能ゼロのご主人様・ルイズ。突然、目の前に現れた謎の高慢な美少女に戸惑う才人に、彼女は契約だと言って、いきなり唇を重ねてくる・・・! すると彼の手の甲に不思議な文字が浮かび、才人はルイズの使い魔となってしまうのだが・・・?! 全寮制トリステイン魔法学院を舞台に、ご主人様となった美少女魔法使いルイズに、罵られ、なじられ、そして愛される(?)、そんな使い魔・才人の愛と勇気と屈辱に満ちたドキドキの学園生活が始まることに・・・。異世界で巻き起こる波乱に満ちた異文化交流の中、果たしてゼロのルイズと才人の運命は、どのような展開を見せるのだろうか・・・!?
ハルケギニアは「ハルケギニア大陸」を中心とした世界だ。  大陸の西に位置する小国がトリステイン。トリステインに国境を接しているのがガリア王国。最大の国はゲルマニアで、ガリアの南には宗教国家であるロマリアが位置している。  大陸の東は「東方」とよばれ、エルフと人間が争う土地になっている。 また、ハルケギニア大陸とはべつに浮遊大陸アルビオンがあり、「白の国」とよばれるアルビオンの領土となっている。
由緒あるトリステイン魔法学院には、トリステインの貴族だけでなく、ガリアやゲルマニアからも生徒が集まっている。生徒たちは「使い魔召喚」の儀式で、一生をともにする使い魔を手に入れる。力のあるものはドラゴンやグリフォンなどの幻獣を使い魔にできる。
魔法が使えるのが貴族(メイジ)、使えないのが平民だが、メイジの中には貴族から平民に身をやつし、傭兵などを生業にしている者もいる。メイジといえど無条件で魔法が使えるわけではなく、杖を振って呪文を唱える必要がある。
  魔法は「火」「水」「風」「土」の四系統がある。伝説の系統として「虚無」があるが、使えるものは誰もいない。
メイジの力の強さは、各系統の属性をいくつ足せるかではかることができる。ひとつしか使えないのが「ドット」、ふたつ組み合わせることができるのが「ライン」、三つ足せるのが「トライアングル」、四つ足せるのが「スクエア」。学院の生徒レベルだと、ドットが普通でラインは上出来。トライアングルになると先生やエリートコース。スクエアはもう英雄クラス。
このページのTOPへ